2022年4月11日月曜日

【導入事例】週刊BCN+に山崎製パン様のGeneXus導入事例が掲載されました

こちらは昨年(2021年)になりますがGeneXus導入事例の紹介です。

週刊BCN+に山崎製パン様の導入事例が掲載されました。


山崎製パン様はGeneXusを採用されて10年になりますが、実は採用に至る評価から始まり、採用後の教育、開発支援、内製化支援などを私が手掛けさせて頂いております。

2016年にはGeneXus Dayで講演をして頂きました。

講演の中でも説明頂いておりましたが、山崎製パン様においては元々受注システムが基幹システムとして存在しており、GeneXusで開発した製品統合マスタ(ASCA)は基幹システムの周辺システムという位置づけでした。しかし、システム稼働後も継続的に(特に食品衛生法など法律の対応が必須のシステムという事もあり)開発を続けられており、成長を続けた今ではこのシステムが無いと山崎製パンの新製品を発売する事が出来ないぐらい重要な位置づけのシステムになってきました。

今後も5年、10年、20年と長いサイクルでGeneXusを活用してシステムを維持していかれると思います。






2022年4月1日金曜日

2022年 新年度が始まりました

 本日から新年度がスタートしました。すっかりご無沙汰しております。横井です。

本業の忙しさもあり、この2年間ですっかりブログを書くことが減ってしまいました。(2年間で5投稿) この間、新型コロナウイルスの蔓延や災害、ロシアによるウクライナ侵攻など、国内外で不安定な情勢が続いております。一日も早く元の状況に戻ることを願っています。

さて、少しばかり昨年度の振り返りをしたいと思います。

昨年、私の周辺で一番大きなトピックだったのは、GeneXus Day2021で発表した「りそなグループによる次世代営業店システムでのGeneXusの適用事例」でした。この講演ではりそなグループでGeneXusを採用する判断をして頂いたNTTデータソフィア株式会社の白鳥副社長にも登壇頂き、GeneXus採用の経緯をお話頂きました。

そして私からは同プロジェクトでGeneXusを採用頂くための活動と、実際の開発でのGeneXusの適用の仕方をお話させて頂きました。



GeneXusは近年ではローコードと呼ばれるツールに分類され話題の一部になっていますが、ただツールを採用すればシステム開発が成功するかというと決してそんなことはなく、対象となるシステムや業務の見極め、開発体制や方法論の策定、教育や支援方法の検討など、プロジェクト全般に渡って適用方法を考えなければいけません。
逆に言えば、それらが網羅できるのであれば金融機関における基幹システムの再構築もGeneXusで可能になる。という事です。そしてこれは他のローコードツールでは不可能な事だと考えます。

近年のローコードツール流行りの中色々なプレゼンを見ますが、どれも「簡単なシステム」を「システム開発に疎い人」でも「簡単に」作れる。といった内容がほとんどです。これはこれで否定するつもりは全くありませんが、一昔前のEUC(エンドユーザーコンピューティング)の流行により管理もメンテも出来ない多種多様なシステムが企業内に氾濫した歴史の繰り返しになるのでは? という危惧を覚えます。

GeneXusはライセンス費用の高いですし、正しく使いこなすにはツールの根底にある考え方を理解し、今までの自分たちの考え方を変えていく必要があります。(ただのコーディング工数削減ツールとて採用すると大抵失敗プロジェクトになります) この辺りがハードルを高くしている要因だと思いますが、我々としては正しく理解し、正しく使って頂く、GeneXus導入・内製化ソリューションを今後展開していく予定です。

こうご期待ください。



2021年7月21日水曜日

【NEWS】日経電子版オンラインセミナー(7/28~7/30)にGeneXusの事例発表があります

2021年7月28日(水)〜31日(土)に開催される、日経電子版オンラインセミナー 
「企業のDXを高速化するノーコード、ローコード開発とは」に ジェネクサス・ジャパン(株)が協賛しています。
以下、ジェネクサス・ジャパンからのプレスリリースです。

日経電子版オンラインセミナー「日経電子版オンラインセミナー 企業のDXを高速化するノーコード、ローコード開発とは」に協賛いたします。
協賛講演としましてNTTデータソフィア株式会社 取締役副社長 白鳥 哲也氏にご登壇いただき、『GeneXusを活用したりそなグループの次世代営業店システム構築について』をご講演いただきます。
本講演ではりそなグループの次世代営業店システムをGeneXusを活用して構築、プロジェクトの概要とローコード開発ツール活用の狙い・効果・リスク対策等をお話しいただきます。
オンラインセミナーは事前申し込み制です。専用ページよりお申し込みの上、ぜひご参加ください。

■日経電子版オンラインセミナー
 「企業のDXを高速化するノーコード、ローコード開発とは」
日時: 2021年7月28日(水)10:00〜7月31日(土)10:00
    お申込み頂きましたら、開催期間中はいつでもご講演が視聴可能です。
場所: オンデマンド配信
主催: 日本経済新聞社 デジタル事業 メディアビジネスユニット
料金: 参加無料
【お申込み・プログラム(特設ページ)】 https://events.nikkei.co.jp/39425/
★お申し込みの際には日経ID(無料で取得可能)が必要です。
又、当講演にて発表の事例は弊社、株式会社イノベーティブ・ソリューションズが関わった案件です。 以下、弊社のプレスリリースです。
弊社、株式会社イノベーティブ・ソリューションズ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:細江 浩、以下「Innovative Solutions」)が関わった案件について、日経新聞のオンラインセミナーで事例発表がございます。

当システムにおける弊社の役割は、GeneXusの特徴を活かす開発手法のコンサルティングと将来の内製化に向けた開発支援です。
結果として開発段階の生産性向上だけでなく、ソフトの変更容易性の確保、OS,ハードウェアなどのEOS(保守終了)など、
将来起こりうる課題に対し、柔軟な対応能力を得るための標準化を進め、ライフサイクルコスト削減を担保するアプローチが評価されているのだと思います。
これは「Future Ploof」(将来も使い続けられる、レガシー化しない)という概念で、DXの推進には必須の概念になります。

〇 システム更改を予定している企業の皆様
〇 DXの一環で新規システム開発を進めていこうとしている企業の皆様
〇 システムの内製化に取り組もうとお考えの企業の皆様

是非、セミナーにご参加ください
お申込期限:2021年7月26日(月)17:00までとなっております。 お早めのお申し込みをお願い致します。

2021年3月25日木曜日

【NEWS】りそなHD、GeneXusによるローコード開発で営業店システムを構築、想定16カ月を7カ月で開発

 既に各ニュースサイトでも掲載されていますが、株式会社NTTデータ、NTTデータソフィア株式会社、ジェネクサス・ジャパン株式会社の三社合同のプレスリリースがありました。


りそなホールディングスは、ローコード開発で構築した新たな営業店システムを、2021年4月から順次稼働させる。2020年10月から一部機能で試行していたシステムである。ローコード開発ツールの「GeneXus」を採用した。現在は、りそなホールディングス傘下の各行の開発にもGeneXusの採用を決定し、開発に着手している。NTTデータ、NTTデータソフィア、ジェネクサス・ジャパンの3社が2021年3月19日に発表した。

IT Leaderの記事から引用 


ポイントはプレスリリースの一番下に書いてある「【今後について】りそなホールディングスは現在、傘下の各行の開発においてもGeneXusの採用を決定し、現在開発に着手している。」という所。

プロジェクトレベルではなく、銀行レベルでGeneXusの採用を決定しています。(他のニュース記事だと省かれてる) 

実は、ユーザー企業がGeneXusを採用する場合で成否を分ける点です。


「ローコード開発ツール」という表現はどうしても「コーディング量を減らして開発工数を抑える」という印象を与えがちですが、GeneXusの本質は開発フェーズだけでなく、本番運用が始まった後の運用フェーズや実行環境のリプレースなど、一度開発したシステムを5年・10年と使用していく為のアプリケーション・ライフサイクル・管理(ALM)プラットホームです。

ここが他のローコード開発ツールと決定的に違う点です。

そして、ALMプラットフォームとしては、プロジェクトコストとしてツールを導入するとプロジェクトが終了すれば体制は解散、ツールの継続利用コストも負担できず、開発を続けづらい状況に陥ってしまいます。
こういった事態を防ぐには、プロジェクトコストではなく部門コストとして継続的に費用を計上出来る予算取りが重要になります。

つまり、プロジェクトにツールを投入するのではなく、ツールも含めた継続的な開発体制に対して案件を投入していく。そんなイメージです。

今回の事例を機に、大手企業でもGeneXusの採用が進めばと思います。




2020年11月19日木曜日

GeneXus Day 2020 Webinar が開催されました(動画アーカイブの紹介)

2020年11月12日にGeneXus Day 2020 Webinarが開催されました。

今までGeneXusのイベントは会場に集まって頂いてリアルな講演会でしたが、今年は新型コロナウイルスの影響でWebinarというオンラインでの開催となりました。


 今回は以下のプログラムでした。

1 [ジェネクサス・ジャパン講演] 技術サポート部 松本 右・ 佐脇 光太郎

2 [事例発表1] カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社 今野 陽介

3 [事例発表2] 株式会社イノベーティブ・ソリューションズ 横井 利和

4 [事例発表3] アプリケーションアシスト株式会社 植田 真人

5 [事例発表4] エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社 山本 達哉

(各講演の動画と資料ダウンロードはジェネクサス・ジャパン社のサイトでどうぞ)

かく言う私も講演させて頂きました。日本での公演は10年ぶりぐらいでしょうか。ここの所ウルグアイで開催されるGeneXusイベントでの講演ばかりだったので、久しぶりに日本語の講演が嬉しくて気合いを入れて原稿を作成したら30分の枠に全く収まらず、前半パートは割愛させて頂くという始末。。大変失礼をしました。





今回はDXやニューノーマルといったコロナ禍も含めた環境の変化に企業がいかに対応するかという時代背景も含めて、アプリケーションライフサイクルマネジメント(ALM)という視点でGeneXusを語りました。


兎角GeneXusは超高速開発ツールとかローコード開発ツールといった目の前のコストダウン・効率化に焦点が当たりますが、そういった状況に対するアンチテーゼとしてアプリケーションライフサイクルマネジメントを下支えするツールという位置づけと、テストの資産化という新しい言葉・考え方をお話しさせて頂きました。


とはいえ、我々もテスト自動化の取り組みはまだ道半ばです。色々と試行錯誤しながらゴールを探す旅の途中です。今後も機会がありましたら同様のテーマでその後の進捗をお話しできればと思っています。

尚、Webinar動画とは別に弊社イノベーティブ・ソリューションズのスタッフが講演会場で撮影した動画も公開する事にしました。より鮮明が映像で講演がご覧頂けます。イノベーティブ・ソリューションズのサイトもどうぞご覧下さい。


では。




2020年11月9日月曜日

GeneXus Day 2020 Webinar が 2020年11月12日(木)に開催されます

 すっかりご無沙汰しております。横井です。

直前の案内になりますが、2020年11月12日(木)にGeneXus Day 2020 Webinarが開催されます。今年は新型コロナウイルスの影響でリアルのイベントではなく、オンラインでのWebinar開催となりました。


今回は私も「ローコード開発でもレガシー化する?! ALM を担保する GeneXus でのテスト戦略」というタイトルで講演をします。ここの所セミナーでの講演はウルグアイばかりで日本での講演は久しぶりです。張り切りすぎてPPTを作りすぎてしまったので削るのに焦っています。

ここ最近での取り組みの成果をお話ししますので、ぜひご期待ください。


申し込みはこちらから

2020年4月15日水曜日

GX30 : GeneXusインターナショナルミーティングは2021年に延期されました

ジェネクサス・ジャパン社から以下のアナウンスがありました。

この度の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2020年9月14〜16日にウルグアイにて開催予定の
『GeneXusインターナショナルミーティングGX30』を2021年に延期させていただくこととなりました。

インターナショナルミーティングの重要な目的は参加者の皆様とのコミュニケーションと考えておりますので、
ミーティングをオンラインで行うことはその大きな目的の1つを満たせないと考え、大変残念ではありますが延期を決定いたしました。
ウルグアイのGeneXus S.A.社の延期のご連絡のレターを添付させていただきます。

既に『GeneXusインターナショナルミーティングGX30』へのご参加を計画されていらした方、
また動画配信等を楽しみにしていただいていた方には、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが、
何卒ご理解・ご了承いただけますと幸いです。


The GeneXus Meeting GX30 Has Been Postponed Until 2021.

In view of the current situation, and with only a few months left before the next GeneXus Meeting (which was scheduled to take place on 14-16 September, 2020), it will not be possible for us to hold GX30 in person.

An essential component of this type of event is networking among participants, so doing it exclusively online would not meet one of the main objectives: the synergy of the meeting. For these reasons, we have decided to postpone GX30 until 2021, on a date that will be announced in a timely manner.

We thank the worldwide GeneXus Community, as well as our Distributors, Partners, and Clients, for their understanding and support for the decision we’ve made in this difficult time.

For more information, contact us via meeting@genexus.com or our social networks.