2017 - 新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願い致します。

昨年後半はほとんどブログを更新出来ず、申し訳ありませんでした。本業であるイノベーティブ・ソリューションズの経営に時間を費やし、なかなか情報発信が出来ておりませんでした。

さて、新年にあたってのご挨拶をさせて頂きます。


昨年、イノベーティブ・ソリューションズではビジネスの新たなコンセプトとして「標準業務プロセス」の重要姓を打ち出しました。日本は既に人口減少社会に突入しています。一般的にはまだ実感が湧かないかもしれませんが、社会の端々ではそれを原因とする問題が徐々にではありますが表面化してきています。

人口が減ってくるとビジネス面ではどうなるか? というと「お金を出しても働き手を雇うことが出来ない(人を集められない)」という事態になります。限られた人手で今まで通り(今まで以上)の成果を出すためには各個人の生産性向上を図る以外に道はありません。特に物流業界はそれが顕著です。イノベーティブ・ソリューションズではお客様の生産性向上のためのソリューションを提供していきます。

こう書くと「GeneXusと全然関係ないじゃないの?」と思われるかもしれませんが、「生産性向上」という観点ではソフトウェア業界も同様ですよね。というか、ソフトウェア業界こそ生産性向上を実現しないといけない業界です。この業界では工数という見積もり方法が根強く、生産性を上げれば上げるほど売上が下がってしまい生産性向上のモチベーションが発生しづらいです。これはビジネスモデルに起因するものなので、変えることは一筋縄ではいきません。しかし、いまだに炎上案件とかデスマーチとかいった話が後を絶たない状況では、なんとしても変えていかないといけない事だと思います。



さて、今年の活動目標です。

1.業務プロセス標準化コンサルティング
先にも述べたとおり、企業の生産性向上を実現するためには標準業務プロセスの定義が必要です。ただ、これは最初に定義すればそれで終わりではなく、日々の業務をこなしながら問題点を見つけ、業務改善を行い、それを繰り返し継続していくことが重要です。

ユーザー企業が自立的に業務改善サイクルを身につけて頂く為に、iGrafxという業務プロセス可視化ツールを採用しました。昨年は2回セミナーを開催しましたが、実際にお客様に採用頂いて、現在導入も行っています。今年はそれらをフィードバックし、ブラッシュアップしたサービスの提供・セミナーの開催を行っていきたいと思います。

2.スマホアプリ
GeneXusではスマホアプリの開発案件が多くなってきました。特にワンナレッジでiOSアプリ、Androidアプリの両方がジェネレートできるのは他のツールには無い強みだと感じています。

又、スマホアプリの場合はUX(ユーザー・エクスペリエンス)が非常に大切になってきますが、これは従来のウォーターフォール(つまり、設計書として紙に画面遷移やレイアウトを記述し、レビュー・仕様確定する方法)だと、使い勝手の良いアプリにはなりません。
これもGeneXusの強みであるプロトタイピングを繰り返す事で早いタイミングからユーザー自身にアプリの出来上がりを実感してもらい、よりよいUXとはどんなものかを一緒に検討していくことができます。

イノベーティブ・ソリューションズとしては、スマホ単体だけではなく、レーザースキャナーやウェアラブルデバイスなどと組み合わせたアプリケーションの開発に取り組んでおり、物流倉庫などの現場業務にもスマホ+アプリのソリューションを提供していきます。

3.海外ビジネスの展開
昨年はバングラデシュでのオフショア開発をスタートしました。こちらはGeneXusではなくスクラッチ開発ですが、向こうの技術レベルもだいぶ判ってきましたし、バングラデシュ側の事情も見えてきました。単純にオフショア開発の拠点とするだけではなく、今後は現地ビジネスの展開もしていきたいと考えています。



本年もどうぞよろしくお願い致します。

コメント

このブログの人気の投稿

データプロバイダーを使いこなそう - 応用編その4 スケジューラー 補足編

HTMLヘッダーにあれこれ直接追加したいとき

GeneXusにおけるWebアプリケーションセキュリティ対策 - OWASP 2010 Top10 Security Risks in GeneXus Applications