テーブルオブジェクトに対して設定できる事、できない事

GeneXusではテーブルオブジェクト(物理的なテーブル設計)はGeneXus自身が正規化処理の結果として生成します。この為開発者は直接テーブルオブジェクトに対して項目の追加・削除、項目の名称やプロパティの編集、並び順などの変更等は一切できません。
テーブルオブジェクトに対して直接設定できるのは以下のものです。


・テーブル名、デスクリプション

正規化処理の結果として自動生成されるためテーブル名・デスクリプションは開発者の想定しない名前になる可能性があります。データモデルが安定したらテーブル名をレビューして正しい名前に変更しましょう。

・テーブルオブジェクトのプロパティ

Strage areaやExtent sizeなど、DBMS上でのテーブルの設定を行えます。

テーブルオブジェクトのプロパティ
テーブル名の変更もここで行います



・ユーザーインデックスの定義

テーブル上の主キーと外部キーはGeneXusが自動的にインデックスを定義しますが、それ以外は開発者がインデックスを定義する必要があります。これをユーザーインデックスと言います。

インデックスはテーブルオブジェクトの「Indexes」にて指定
ユーザーインデックスはユニーク・重複共に定義可能です

インデックスを定義後にデータベース影響分析を行うと、
データベース再編成処理が実行されます。

一方、項目属性の追加・削除、項目属性の名称やプロパティの編集はテーブルオブジェクトではなく、元となるトランザクションオブジェクト側で変更する必要があります。

テーブルオブジェクト上の項目属性にはプロパティ項目がありません
これらを変更したい場合はトランザクションにて行います

最後に、物理データベース・テーブル上の項目属性の並び順については、GeneXus IDE上では変更する事が出来ません。これについては次回に説明します。





コメント

このブログの人気の投稿

データプロバイダーを使いこなそう - 応用編その4 スケジューラー 補足編

HTMLヘッダーにあれこれ直接追加したいとき

GeneXusにおけるWebアプリケーションセキュリティ対策 - OWASP 2010 Top10 Security Risks in GeneXus Applications