GeneXusジュニアアナリスト資格模試「超解説」問題26

問題[26] スポーツジムを対象とした GeneXus アプリケーションに関する問題です:

次のようなトランザクション設計があり、Work WithパターンがTrainerトランザクションに適用されています。


このパターンによって自動的に定義されたものはすべて、既定(インスタンスおよび生成されたオブジェクト)により必ず保持されてきました。
その後、パターンの適用によって自動的に生成される WWTrainer Web パネルでも TrainerImage 項目属性を表示するため、 Trainer トランザクションの構造に、TrainerImage 項目属性を追加します。
何を実行すべきか、選択してください。




  • 26.1 WWTrainer Webパネルを編集し、TrainerImage項目属性を手動で追加する必要がある。
  • 26.2 Trainerトランザクションに適用された Work Withパターンのインスタンスを編集し、TrainerImage項目属性を手動で追加する必要がある。
  • 26.3 TrainerImage項目属性が、Trainerトランザクションに適用されたパターンのインスタンスに自動的に追加され、その結果 WWTrainer Webパネルで表示されるようになる。

解答は??
【解答】 26.3

【解説】 パターンによって自動生成されたWebパネルが既定(ディフォルト)の状態を維持している(緑色のマーク)場合、自動生成の元となった定義情報が変更された場合は自動的にその変更が反映されます。

今回のケースでは
Trainerトランザクションのストラクチャー定義
 ↓
Trainerトランザクションのパターンインスタンス
 ↓
WWTrainer Webパネル
という流れで変更情報が自動的に適用されます。

尚、既定(ディフォルト)状態から変更を加えた(赤色のマーク)場合、パターンは自動的な変更反映はストップします。


既定(ディフォルト)状態
緑色のマーク

既定状態から手動で変更を加えた状態
Web FormとEventsが赤色のマーク




コメント

このブログの人気の投稿

データプロバイダーを使いこなそう - 応用編その4 スケジューラー 補足編

HTMLヘッダーにあれこれ直接追加したいとき

GeneXusにおけるWebアプリケーションセキュリティ対策 - OWASP 2010 Top10 Security Risks in GeneXus Applications