2014年1月13日月曜日

【News】株式会社アイ・ティ・フロンティア主催「食品製造業様向け「効率的なIT投資を実現する」セミナー -内製化を見据えた山崎製パン様基幹システム再構築の成功事例紹介-」が開催されます。

GeneXusの販売店である株式会社アイ・ティ・フロンティアが「食品製造業様向け「効率的なIT投資を実現する」セミナー  -内製化を見据えた山崎製パン様基幹システム再構築の成功事例紹介-」を開催するそうです。

以下、同社のホームページから

昨今の経済環境を背景に、多くの企業がIT投資やIT運営コストの削減と共に、投資効果の最大化に向けた活動を強化しています。ITR社の調査によると、2014年度に向けて最重要視するIT課題は4年連続で「IT基盤の統合・再構築」でした。
そこで、弊社は「効率的なIT投資を実現する」セミナーと題し、2011年の東日本大震災の危機を教訓として、活発化している“内製化”(自社開発・運用)に着目し、実際にシステム開発を内製化する上で課題となる、業務知識の可視化や開発の自動化などについて具体的な事例を交えてお伝えします。貴社の利益創出計画のヒントとなり、その具体的取り組みの参考になれば幸いです。
皆さまのご来場をお待ちしております。

対象は「食品製造業、一般企業の経営者様、情報システム、経営企画部門の責任者様、ご担当者様」との事です。
申し込みはこちらから。



2014年1月1日水曜日

2014年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願い致します。

年頭にあたり新年のご挨拶をブログにてさせて頂きます。
昨年はGeneXusも大企業での採用や事例が出てくる年となりました。

とは言え、まだまだ日本語での情報が少ない現状へ少しでも手助けとなればと昨年はかなりの数のブログ投稿をしてきました。おかげさまでGeneXus初心者の方だけではなく、GeneXus熟練技術者の方もこのブログをチェックされているそうで、間接的にそういった話が私の耳にも届き、随分嬉しく思いました。

又、恒例のウルグアイ訪問では、三度目となるカンファレンススピーチに挑戦しました。今回は過去2回と違い、日本の事情紹介ではなく新たなるサービスをテーマとしたスピーチを行いました。

さらに予定になかったのですが、インストラクター試験のアップグレードにも挑戦し、日本では初のエボリューション2 インストラクターにもなれました。



さて、2014年に際しましては、以下の点を年頭に活動していきたいと思います。

1. GeneXusブログのさらなる充実
今までは日本語情報が少ない状況をフォローするために、初歩的な技術・考え方にフォーカスしたブログ投稿が多かったのですが、今年は最新技術情報も書いていきます。
もちろん、必要に応じて基礎技術についても書きます。


2. GeneXus 新バージョン Tiloのリリース
今年のGeneXusとしての目玉はなんといっても新バージョン(コードネーム:Tilo)のリリースです。現時点ではベータ3が公開済みで、この年明けにはRC(リリース候補版)が公開される予定です。


3. ジーマインドとしてのサービス・アプリをリリース
昨年のウルグアイでのスピーチで発表したSFA(営業支援)アプリに関して、その後も検討・開発を続けています。まだ具体的な時期は明確にできませんが、今年リリースすべく準備を進めていきます。


蛇足ながら、ウルグアイでのスピーチは恒例行事というか必須な活動と位置づけ、目標には掲げないようにします(笑)。


それでは、本年もよろしくお願い致します。


フォルランがキーノートスピーカーに!! - GeneXusインターナショナルミーティング GX27

開催まであと2週間となりましたGeneXusインターナショナルミーティングですが、昨日公開されたスピーカーリストを見てびっくり! あのディエゴ・フォルランがキーノートスピーカーとしてエントリーされているではありませんか!! スゲーーー!! さすがGeneXus社、ITのカンファレ...