64bit版Windowsで.NET Webアプリケーションを実行する時の注意事項

正確にはGeneXusのTipsではありませんが、最近も問い合わせをもらう事が多かったのでブログに書いておきます。

GeneXusでC#ジェネレーターを使用する場合は、生成されるWebアプリケーションはASP.NETとなり、実行環境はIISとなります。

この時、OSが64bit版Windowsを使用している場合、32bit用ワーカープロセスの設定を行わないとアプリケーションを実行する事ができません。これはGeneXusが生成するのが32bitアプリケーションのためです。

1.IIS6の設定

IIS6では32bit/64bitのどちらかでしか動作できません
切り替える為のコマンドは以下の通りです。
cscript %SYSTEMDRIVE%\inetpub\adminscripts\adsutil.vbs SET W3SVC/AppPools/Enable32bitAppOnWin64 1
※1.パラメター値:1が32bit/0が64bit指定


2.IIS7の設定

IIS7はアプリケーションプール毎に32bitの有効/無効の指定が可能です。

IIS管理コンソール→アプリケーションプール→「Classic .NET AppPool」→詳細設定にて、「32ビットアプリケーションの有効化」をTrueに変更します。





コメント

このブログの人気の投稿

データプロバイダーを使いこなそう - 応用編その4 スケジューラー 補足編

HTMLヘッダーにあれこれ直接追加したいとき

GeneXusにおけるWebアプリケーションセキュリティ対策 - OWASP 2010 Top10 Security Risks in GeneXus Applications