2012年3月15日木曜日

GeneXusが日経コンピュータの特集記事に掲載されました

日経コンピュータ3月15日号 特集 - 「超高速開発」が日本を救う ....日経ITProより  
「ライバルより先に新商品や新サービスを投入していかなければ勝ち残れない」。超高速開発ツールの登場によって、経営陣のこうした思いにようやく応えられるようになった。「ビジネスルール管理システム(BRMS)」と呼ぶ開発・実行環境がそれだ。
BRMSを使うと業務ルールを実行するプログラムを自動生成できる。これにより、詳細設計やプログラミング、単体テストの工数をゼロに近づけられる。業務ルールは自然言語などの形でプログラムと分離して管理できるため、システムの肥大化を防ぎやすくなる。システム保守のスピードアップにもつながる。

どうしてもGeneXusは「ソースコードジェネレーター」などの技術側面で注目が集まりがちですが、今回の日経コンピュータでは「ビジネスルール管理システム(BRMS)」という「どう経営陣の要求に、そしてビジネススピードに応えるか?」という側面で取り上げられています。是非ご一読を。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォルランがキーノートスピーカーに!! - GeneXusインターナショナルミーティング GX27

開催まであと2週間となりましたGeneXusインターナショナルミーティングですが、昨日公開されたスピーカーリストを見てびっくり! あのディエゴ・フォルランがキーノートスピーカーとしてエントリーされているではありませんか!! スゲーーー!! さすがGeneXus社、ITのカンファレ...