2010年2月13日土曜日

データベース・リバース・エンジニアリング・ツール(DBRET)で文字化け

Ver.XとEvolution1のデータベース・リバース・エンジニアリング・ツール(以下DBRET)を使って、日本語のデスクリプション項目を持ったテーブルを取り込むと、文字化けするという問題が存在します。


◆リバース結果のテーブルオブジェクト
DataView.png




◆リバース結果のトランザクションオブジェクト
Tran.png



解決策としては、GeneXusに付属しているDBRETではなく、単体で起動するDBRETを使用します。

ダウンロードはこちらから。

インストール後、スタートメニューから「Database Reverse Engineering Tool 1.3」を起動します。





DBRET.png

単体のアプリケーションとして起動しますが、画面・使い方はGeneXusに付属するものと同じです。






DBRET2.png
リバースした情報はxpzファイルとして保存します。

その後、xpzファイルをターゲットのナレッジベースにインポートすれば、データビュー、トランザクション、データストアが取り込まれます。






0 件のコメント:

コメントを投稿

2018 - 新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。 旧年中は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。 毎年後半になるとブログの更新が滞っている状況が続いています。なんとか今年は続けようと思っていますが、既に年内の予定が詰まっていまして今年も多忙な一年となりそうです。 それ...