GeneXus X Evolution 1 RC2が公開されました

ジェネクサス・ジャパン 横井です。


artech社にて現在開発中の次期バージョン(開発コード名:Evolution1(エボリューションワン))のRelease Candidate(製品候補版) 2 が公開されました。




昨年の9月からCTP(コミュニケーション・テクニカル・プレビュー)→ベータ→RCと開発が進んできましたが、新規機能としてはほぼ出揃った形になります。

※注意 当情報はまだ正式リリース前の製品情報であり、正式リリース時には変更される場合もあります。あらかじめご了承ください。





主なトピックとしては以下の通りです。

RC2になって追加されたトピックですので、「そもそもGXserverとは?」といった情報は不足していると思いますが、9月に開催されるインターナショナルミーティングで詳細な発表があると思いますので、詳しい情報は追ってアップしていきたいと思います。






GXserver & チーム開発:



・GXserverに認証機能が追加されました。ユーザーロールベースでの権限付けも可能です。



・GXserverにてナレッジベース上のwikiドキュメントの編集が可能になりました。



・GXserverにてバージョンのフリーズ、開発バージョンの作成が可能になりました。



・サーバーにコミット時、任意のオブジェクトのコミットを除外する機能が追加されました(ローカルテスト時に有効な機能)



・操作性の向上と操作中のインフォメーションを強化しました。



・GXserverにてオブジェクトへのリンクが追加されました。チームメンバー間でのコミュニケーションに有効です。



・GXserverの拡張性を容易化





IDE:



・ナレッジベースバージョン間のマージ機能



・全般的なパフォーマンスの改善(影響分析、パターンの適用、正規化処理、ビルドプロセスなど)



・生成されるコードの最適化(可読性とパフォーマンス)



・ビジネスプロセスダイアグラムのイメージ保存と印刷機能





言語とコア機能



・新しい項目属性(アトリビュート)のプロパティ"Show in Default Forms" ストラクチャー(構造)とフォーム(画面)での動的変更を保護



・再編成処理に"-donotexecute"パラメータ追加





ユーザーインターフェイス



・新ユーザーコントロールが追加

 ・FBHoverPanel

 ・Scheduler



・Ajaxセキュリティオプションの追加



・トランザクションオブジェクトでの明細行削除UIの改善



・PopUpウインドウのOUT、INOUTパラメータのサポート







既存のGeneXus Xと共存可能ですので、既存のユーザーの皆様も是非この機会にダウンロード・インストールし、評価・検証をして頂ければと思います。




Evolution1とGXserverのライセンスは既存のXのライセンスとは別にベータテスト用のライセンスです。Technicalアカウントを持っている方であれば、オンラインですぐにライセンスが発行されます。










コメント

このブログの人気の投稿

データプロバイダーを使いこなそう - 応用編その4 スケジューラー 補足編

HTMLヘッダーにあれこれ直接追加したいとき

GeneXusにおけるWebアプリケーションセキュリティ対策 - OWASP 2010 Top10 Security Risks in GeneXus Applications